ホーム > 地域部会 > 中国地域部会

トピックス

中国地域部会

中国地域部会第9回研究会(終了)

研究会テーマの「産業デザインによる地域振興」について、幕末に産業振興を通じて藩政改革を行った備中松山藩吟味役山田方谷にみる産業デザイン、岡山県北西粟倉村における木質資源の教育や産業への循環的活用、岡山商工会議所が主体となって推進している『フルーツパフェの街おかやま』への取り組みについての報告があり、各報告終了後、活発な質疑応答を通じて理解の共有を行った。

第一報告では、山田方谷の改革は「備中鍬」にみるように現代のイノベーション理論、ブランド論及びバリューチェイン理論で説明することができ、体制を超えて適用される普遍的な内容を含んでいることが示された。

第二報告では、西粟倉村が村ぐるみで進める百年の森事業の一環として、木とふれあい、木に学び、木と生きる「木育」を推進している森野学校事業について、木育玩具の研究開発の取り組みが紹介された。

第三報告では、フルーツパフェの街は、岡山が年中間断のない果物王国であること、男性のパフェ嗜好が高まっていること等に着目した取り組みで、10年経過して全国的認知度も高まってきた。大型イベントなどは敢えて避け、地元での認知と存在感の確立を先行した戦略が奏功したと総括した。


過去の研究会

▲ページ上に戻る